ZEHへの取り組み

ZEHとは

Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略です。
つまり、住まいの断熱性や省エネ性能を上げ無駄な消費エネルギーを削減した上で、太陽光発電などでエネルギーを作り出すことにより、年間の一次エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナスゼロにする住まいのことです。

2014年4月の閣議決定「エネルギー基本計画」において、
「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味でゼロとなる住宅(ZEH)の実現を目指す」
とする政策目標が制定されました。


弊社は、一般社団法人 環境共創イニシアチブ(略称SII)に「2016年ZEHビルダー登録」を行い、ネット・ゼロ・エネルギーハウスの設計・施工に取り組んでおり、2020年度までに過半数の住宅をZEHとすることを目標としています。

 
ZEH普及 実績及び目標公表資料

〈実績〉
2016年度   0%
2017年度     25%

〈目標〉        
2016年度      0%
2017年度  10%
2018年度  20%
2019年度  35%
2020年度  70%

 
 
   >BELS工務店としての取り組み
 

                      
BELSとは   

BELS(ベルス)とは、B(ビルディング=建物)E(エナジー=省エネ性能)L(ラベリング=表示)S(システム=制度)という「建築物省エネルギー性能表示制度」のことです。                         
                                                     
BELSは「建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針」(ガイドライン)に基づき、新築・既存の建築物において、第三者評価機関が省エネルギー性能を評価し認定する制度です。                                             
評価対象は外皮性能や一次エネルギー消費量で、省エネ性能のランクに応じて5段階の星マークで表示され、                          
BELS認定を受けることで省エネ性能を第三者機関よって客観的かつ公平に認められた住宅となります。                                
                            

弊社の住宅は、BELSの最高ランク★★★★★に対応しています。
BELS工務店として住宅の「BELS」認定を積極的に進めていき、2020年までに自社で建設する全住宅にBELSを表示することを目標としています。
              
         BELS普及 実績及び目標公表資料
 
                        〈実績〉
                      2017年度     25%

                        〈目標〉
                      2017年度  25%
                      2018年度  50%
                      2019年度  75%
                      2020年度   100%